西島悠也が解説する福岡の観光スポット

西島悠也|福岡城跡

豊前国中津12万石から筑前国福岡52万石に移封された初代藩主黒田長政が、慶長6年(1601)から7年がかりで築城した城で、舞鶴城ともいいます。

 

平山城で、天守閣はなく大中小の各天守台と47の櫓があったそうです。
本丸、二の丸、東二の丸、南二の丸、三の丸で構成された内城部分で413900u、城下の武家屋敷まで含めば2460000uもの広大な規模を持つ城郭となっています。

 

現在、内城を中心とした48万uが国指定史跡です。

 

また、多聞櫓(重要文化財)、伝潮見櫓(県指定建造物)、下の橋大手門、祈念櫓、母里太兵衛邸長屋門、名島門(市指定建造物)が保存され、大天守台は展望台になっています。
北側の堀は一部埋め立てられていましたが、地下鉄工事により調査され、その一部(堀外壁石垣)が保存公開されています。

 

本丸から三の丸一帯が舞鶴公園として、市民の憩いの場となっています。
また堀には県指定天然記念物のツクシオオガヤツリが自生しています。
城内には万葉歌碑があり、もとの平和台野球場付近では、昭和62年12月に鴻臚館(国指定史跡)が発見されました。

page top